地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、新居浜の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

新居浜の地域情報サイト「まいぷれ」新居浜市

四国内の観光スポット

東予→大阪 オレンジフェリーの旅 その1

東予港→大阪南港の間に就航する「四国オレンジフェリー」に乗ってきました。東予から大阪まで、ホテルの様な空間で一晩くつろぎながら移動できるので、時間に余裕のある方や船が好きという方におススメです!

皆さんは「オレンジフェリー」に乗った事はありませんか?
オレンジフェリーは西条市の東予港と大阪南港を結ぶ航路で、1972年から現在まで約半世紀に渡って、地元の貴重な海上を行く交通手段として運行を続けてきました。
東予から大阪まで、ホテルの様な空間で一晩くつろぎながら移動できるので、時間に余裕のある方や船が好きという方におススメです!

2018年にはこれまでの船に替わって新造船を2隻就航。
快適な乗り心地はそのままに、旅客区画は2等指定(雑魚寝)を廃止し、旅客フェリーとしては日本初の全室個室になり、まるで動くホテルのような豪華設備となりました。
そんな新しいオレンジフェリーでの船旅を体験してきました。
目次
  1. 港に到着~乗船まで
  2. 充実の船内レストラン 夜編
  3. ついに出港! 夜の瀬戸内海を楽しむ
  4. 広い船内を自由に散策
  5. 清々しい早朝の神戸沖
  6. 充実の船内レストラン 朝編
  7. 大阪南港到着後も8:00までゆっくり
  8. 大阪で充実した1日を送りたいという方におススメ!

港に到着~乗船まで

2019年6月15日(土) 19:30 東予港
ターミナルに着いたらまずは乗船手続き!

東予港の出港時間は毎日22:00。
それまでには港に到着して、乗船手続きを済ませましょう!
車と一緒に乗船する場合は「乗船乗用車用駐車場」に、車を港に置いて徒歩で乗船する場合は「乗用車留め置き用駐車場(無料)」に駐車します。
車で乗られる方で、翌朝6:00にフェリーが着岸した時に滞船を希望される方は、この時点で係員に「滞船します」と伝えておきましょう!
家族や友だちに送ってもらう場合に、「お見送り駐車場」もあります。

今治・松山・新居浜・西条方面からの連絡バスもあるので便利ですね!

場所

関連サイト
  1. オレンジフェリー|のりばの案内 東予港
車を駐車したらターミナルビルに入って乗船手続きを行います。
車と一緒に乗船される方は車検証もお忘れなく。

窓口に向かう前に乗船名簿を記入します。
WEBで予約された場合や前売り券購入済みの方は記入の必要がありません。

ちなみにオレンジフェリーでは、乗船前に事前予約しておくことをおススメしています。
また予約は乗船日の2ヵ月前から可能です。
関連サイト
  1. オレンジフェリー|ご利用の流れ 関西航路
乗船名簿の記入が完了したら窓口へ。
料金を支払い、乗船券を購入します。

オレンジフェリーの関西航路では変動料金制を導入しています。
車の大きさ、部屋の等級はもちろんですが、乗船する日によっても価格が変更となりますのでご注意下さい。
関連サイト
  1. オレンジフェリー|運賃・料金表 関西航路
乗船券をようやくGET!
乗船する際に必要ですので、肌身離さず持っておきましょう!

しばし乗船開始まで駐車場で待機します。

20:20 いよいよ乗船開始!

20:00から自動車の乗船が開始されます。
順番が来るまで待ち、係員の指示に従ってフェリーのスロープに進みます。
そして途中にいる係員に乗船券を渡し、半券をもらいます。
車両甲板に入って車を駐車。
サイドブレーキをかけておきましょう!

乗用車45台、12mトラック175台を積み込む事ができる車両甲板は、今までのフェリーに比べてかなり広大です。
必要な荷物を持って、エレベーターで旅客区画に上がります。
出港後に車両甲板へ入る事はできませんのでご注意下さい。

20:30 旅客区画に到着!

エレベーターを出ると、そこは豪華なホテルの様な空間が広がっています。
まずは乗船券に書かれている部屋番号を頼りに、自分の部屋に向います。
船内の各所に案内図がありますので、良く確認しましょう!
ちなみに私は一番安いシングルに泊まらせて頂きました。
関連ページ
  1. 西条応援隊! まいぷれ編集部!|東予港耐震強化岸壁供用式典
  2. 西条応援隊! まいぷれ編集部!|12月8日(土) 『おれんじ おおさか一般見学会』が開催されました。

充実の船内レストラン 夜編

21:00 レストランで一杯!

オレンジフェリーには最近中距離フェリーでは珍しい船内レストランも営業しています。
夜の営業は東予港発便だと20:00~22:30までと少しタイトなものの、料理が充実していて美味しいという事で、オレンジフェリーでも特に人気のあるポイントとなっています。
カフェテリア形式で、カウンターに並んだ料理から好きなものを選んでいきます。
肉・魚・野菜と偏ることなくバランス良くメニューが考えられています。しかもボリュームもかなりあります!
ハンバーグにオムソバ、鯛のかぶと煮、豪華で安いメニューがたくさん!
どれを食べようか迷ってしまいます・・・。
その他にも、唐揚げやラーメン、うどんなど定番のメニューも。
愛媛名物「宇和島鯛めし」もメニューにあります。
会計を済ませてからテーブルへ。
座席も広々、4人掛けのテーブル席が多いですが、海を眺める事のできる窓際に1人掛けテーブルもあります。
和牛の炙り焼き(税込800円)をアテに、冷酒(税込360円)で一杯。
ドライバーも移動しながらお酒が飲める、これこそ中・長距離フェリーの醍醐味ですね!
少し小腹が空いていたのでもう一品。
鶏唐揚げ(税込600円)は揚げたてサクサク、一つ一つが大きくてとっても食べ応えがあります。
生ビールサーバー(1杯税込500円)や各種銘酒なども取り揃えています。
ここで購入したお酒は部屋に持って行く事も可能です。
関連サイト
  1. オレンジフェリー|船内レストラン

ついに出港! 夜の瀬戸内海を楽しむ

22:00 東予港出港

レストランでゆっくりしている間にフェリーは東予港を出港。
船は大きな揺れもなく、穏やかな瀬戸内海を進んで行きます。
出港後30分程は西条・新居浜の沿岸を通過するので、船の進行方向の右側に海岸沿いの工場夜景を楽しむ事ができます。
今治造船 西条工場。
新居浜市街の夜景です。
北側から新居浜を見るという機会が中々無い為、とても新鮮に感じます。
オレンジフェリーでのおすすめ夜景スポットはこの他に2つあり、真夜中の瀬戸大橋通過付近と早朝の明石海峡大橋通過付近で夜景が楽しめます。

2019年6月16日(日) 0:30 瀬戸大橋通過

4:20 明石海峡大橋通過

西条・大阪 オレンジフェリーの旅 その1

次の記事
その2

前の記事