地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、新居浜の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

新居浜の地域情報サイト「まいぷれ」新居浜市

展示場リニューアル ~体験型展示~

 竹原学石材のニュース

展示場リニューアル ~体験型展示~
こんにちは、新居浜市の竹原学石材の竹原です。




今回は、お墓に使用する「みかげ石」の見せる表情(加工方法)について




お伝えしたいと思います。というのも、




〝どのようにしてお墓ができていくのか”




実際に触れてみて頂きたい。という想いから




弊社展示場を一部リニューアル致しました。





写真にあるのは、4枚の加工方法の異なる「同じ石」を正方形に配置した




”体験型の展示”です。実際にご来店頂いたお客様に触れて、




違いを知ってもらった後に、「実はすべて同じ石なんですよ。」




と伝えると、皆さん驚かれます。それでは、説明をさせて頂きます。




写真の左上は、「割れ肌(われはだ)」加工です。




お墓に使用する際、石垣を組む場合にこのような加工方法をします。




原石の状態ともいえるので、石そのものの表情です。




つまり、、、「すっぴん」です。




写真の左下は、「ビシャン」加工です。写真では、わかりずらいですが、




お墓に使用する際、スリップ止めの機能を持たせるため




足が乗る部分に使用する加工方法です。表面はザラザラした表情になっています。




写真の右下は、「サンダー」加工です。




サンダーとは、石材加工に使用する工具のことですが、加工方法として石材業界では呼ばれます。




ツヤのない表情で、お墓のカタチに仕上げていく過程の状態です。





最後に写真の右上は、「本磨き(ほんみがき)」加工です。




お墓に使用する際、基本的にこの状態が加工の最終形です。




説明が長くなりましたが、お墓になる過程を触れていただくこと




石のもつ神聖さを、より身近に感じることが出来ます。




是非、ご来店頂き、触れて頂きたいと思っております。




最後までお読みいただきありがとうございます。



弊社ホームページもご覧いただけると幸いです。
竹原学石材ホームページ
最新のニュース一覧へ