地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、新居浜の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

新居浜の地域情報サイト「まいぷれ」新居浜市

まいぷれ新居浜編集部ニュース

パソコン・スマホ・福祉なんでも相談会のある、バリアフリーカラオケスナックwithさんをご紹介します。

バリアフリーという言葉が定着している現代。でも実際には、デコボコ道やお店の入口の段差などまだまだバリアだらけ。また、ハード面だけでなく『心のバリアフリー』も目指して。

パソコン・スマホ・福祉相談会

毎月第1・第3火曜 14:00~16:00

500円/30分

 

*ITの専門知識のある方が講師です。

*ガラケー、スマホ、タブレット、パソコンなんでもOK。

*福祉に関することもオールジャンル相談可。

席と席との間隔が広いので、スムーズに動くことが出来ます。

トイレ内での回転も楽々。

便座の強度、手すりの位置なども綿密に調整し配置。

トイレ内の手洗いスペース。

蛇口のレバーやカギは、力がいらない物を使用。

もちろん入口の段差なし!

オーナーの重森さんにお話を伺いました。

ヘルパー、保育士、同行援護などの資格をお持ちの重森さん。今までの経験を活かし、新居浜で障がいのある方もない方も、みんなが一緒に楽しめる場所を作りたいと思い『バリアフリートイレ完備』のカラオケスナックを2015年12月にオープン。「初めて障がいのある方と接した」というお客様もおられますが、どんどん皆さん仲良くなり、交流が盛んになっているそうです。精神障がい、視力障がい、聴覚障がい、どなたでも気兼ねなく来店いただける、そんなお店があることを皆さんに知って欲しい。

 

重森さんの夢は、「いずれどこのお店もバリアフリー化される」こと、だそうです。

 

現在の課題

バリアフリー化が進まない原因として、スペースや費用の問題が一番大きいと語る重森さん。自治体からの支援や補助金がないところがほとんどで、バリアフリー化させたくても、難しい現状であるということが分かります。

 

ハード面だけでなく心もバリアフリーに。

ハード面は、すぐに解決できない問題もあるが、『心』はいつでもバリアフリー化が可能。「どう対応しよう」「どのように介助するのがいいのだろう」と考えることが、心のバリアフリー化に繋がっている。そんな方がどんどん増えれば、障がいのあるなしに関わらず、より住みよい街になるはず。

 

一人一人が意識し、行政の支援も活発になってくれるといいなと思います。

カウンターもしっかりスペースがあります。

グループでの利用も大歓迎!

夜の雰囲気。

■住所 新居浜市庄内5丁目11-51

 

■TEL 090-1575-3755

 

■営業時間 19時30分~翌1時

 

■定休日 日曜、祝日