地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、新居浜の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

新居浜の地域情報サイト「まいぷれ」新居浜市

職人気質なオヤジ

【職人オヤジ】株式会社ジンノ工業:萩生

萩生にある、株式会社ジンノ工業の創業者でもある神野清茂(きよしげ)さんをご紹介。

現場一筋60年以上のベテラン

この手が数多くの製品をつくりあげてきました

現役バリバリ 77才!!

神野 清茂(じんの きよしげ)さん

昭和14年8月23日生 77歳(H29年取材時)

 

高校卒業後、市内の鉄鋼所に就職。ずっと新居浜で仕事をしてきたという神野さん。 

昭和59年、45歳の時に創業。苦労した時代もあったが、30数年ただ一生懸命やってきた。振り返るとあっという間だったと語る。

60年以上の長きに渡り、この世界で奮闘。のんびり旅行に行きたい気持ちもあるが、毎日工場に通っている。まだまだ現役バリバリだ。「最近は足も痛くてね~思うように動けん」と話すが、息子さん(現社長)、お孫さん(主任)と一緒に仕事をしていることが、何よりの活力となっているようだ。

近くで仕事をしていた孫の太郎さん(主任)の姿を見ては、嬉しそうに目を細める。仕事では厳しい大先輩でも、プライベートは優しいおじいちゃんだ。

 

休憩室から出て、ヘルメットをかぶり、工場へ向かう後姿がとにかくカッコイイ77歳の現役バリバリの仕事人。今日も元気に出勤している。

マイクロバブル発生装置『ゼットバブラー』

もう一人のベテラン

松本さん

元気の源 孫の太郎さん(技術開発部主任)

親子三世代

神野浩社長

現在の代表取締役 神野浩社長

 

企画主旨を伝えて、ご紹介していただける方はいませんか?と神野社長に尋ねたら、「77歳!バリバリの現役おるよ!うちのオヤジ!」と誇らしそうに答えてくださいました。その言葉を信じて、会社へお邪魔させていただきました。

昭和59年の創業から15年後に、父清茂さんから会社を引き継ぎ、代表取締役社長に就任。今は息子さんも一緒になり、親子三世代アットホームなプロチームで会社を盛り立てる。

「ひらめきと『くそっ!』という気持ちが大切。【ダメ】【出来ない】を、いかにひっくり返すか。そこから新しいモノが生まれる。」と話す神野社長。

頭は良くなかったけど、好奇心は旺盛で、人よりちょっと観察力には優れていたかもな~と謙遜も。

失敗も多いが、最後の最後は『プライド』だとサラッと熱く語る。 

【ものづくりに対する情熱】【生きる力】を強く感じる取材だった。