地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、新居浜の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

新居浜の地域情報サイト「まいぷれ」新居浜市

四国八十八ヶ所 紀行文 ~歩き遍路96日間の旅~

第二回 発心の道場 (1)霊山寺~(10)切幡寺

東京にお住まいの関本拓司さんが四国八十八ヶ所の歩き遍路の体験を紀行文としてまとめられました。2016年4月15日に一番札所の霊山寺を出発し、スケッチを楽しみながらゆっくりと四国を巡り、同年7月20日に結願。それまでの96日間の様々な出逢い、また率直な想いを書き綴っています。

緊張感の日々

お遍路新米は、参拝の作法が身についておらず、手順を間違えたり、手水鉢で手を洗うのを忘れたり、御賽銭をあげるのを忘れたり等した。朝も早くから目覚め、生活のリズムを作るのに苦労した。白衣を着ると自分が修行の身になったことが自覚でき、回りの人は弘法大師として一目置いてくれ、挨拶に応えてくれたり、お接待をしてくれた。早速初日に泊まった 観梅苑でおにぎりの弁当をお接待で頂いた。一番札所霊山寺では、手水鉢がカエルの石像であり、多くの寺が龍の口から水が流れ出ているのに気づいた。無事一番札所に帰って来て下さいとの思いだろうか。早速、昨日の熊本の地震で被災された方々のお見舞いのお祈りをした。最初の3日間は、歩き慣らし、荷物慣らしで短い距離にしておいた。荷物を持った歩きは平坦な道でも結構大変で、荷物の減量の必要を感じた。

 

1.楽しい街歩き

遍路道は、国道や、国道に沿った小道、山道、農道が指定され、案内シール道標等の道しるべが随所にあり、地図を見なくても迷うことなく歩けた。徳島の町は、立派な庭をもつ大きな家が多く、街の緑も多いことに気付いた。その都度綺麗な花を写真に撮らせていただいた。ウグイスの鳴き声がしょっ中聴こえ贅沢な気分にもなれた。新緑がみずみずしく、爽やかな風を感じ、スケッチも各寺でやれ、時間配分に余裕があり、ゆっくりした遍路にして良かった。

第1番札所 竺和山 一乗院 霊山寺

第4番札所 黒巌山 遍照院 大日寺

2.初めての宿坊体験

6番安楽寺には宿坊があり、古くから温泉付きの宿坊だった様だ。夜のお勤めも魅力で予約しておいた。部屋、風呂も広く、食堂は団体、外人お遍路等で賑わっていた。夜のお勤めは、全員で般若心経の読経をやり、先祖供養のローソク流し(本堂に小川を作ってあった)、本尊との対面やタッチ、奥に13仏が鎮座していた。やはり、本堂に入れたことは良かった。ドイツ人のキャディとも知り合い、翌日は朝から同行した。お互い英語で話し、趣味やお遍路の動機、参拝の作法、般若心経の意味等を話しながら歩いた。花の写真も好きで、日本名を教えたりした。好奇心の強い逞しい47歳の彼女とメル友にもなり、写真を交換した。

3.友人との初対面

81回ピースボートの徳島在住の船友が9番法輪寺へ激励に駆けつけてくれた。徳島在住とはいえ88ヶ所巡りは初めてで参拝の作法を教えた。ランチを寺の側の阿波庵で3人で取り、桶うどんと名物の草餅を食べた。キャディが飲みたがっていたコーヒーも飲んだ。船友の彼女からは冷却シートをお接待で頂き、お礼に納札と大師お守りをあげた。キャディとは、10番切幡寺でハグして別れを惜しんだ。

 

4.落とし物、忘れ物

お寺で参拝後、金剛杖を忘れてませんかと他のお遍路に言われたこともあり、金剛杖については、意識が常にあったが、同じ日に3つの落としものや忘れ物をしてしまった。1つはタオル小ハンカチだ。手水鉢で手を洗った後ハンカチをズボンから取り出すが、上手く入れてなかった様で、手を拭こうとしたらハンカチがなかった。前の寺で落とし物をしたかと思い、問い合わせたがなかった。寺の帰り道にふっと見上げたら参道の垣根の上にどなたかが置いてくれていた。お遍路に際しプレゼントされた物だったので、見つかり嬉しかった。

2つ目は輪袈裟だ。前の寺でトイレに行く時外に掛けて置いたことを思い出し、タクシーで取りに戻った。これも見つけられた。3つ目はマーブルチョコ型の御線香入れだ。宿に入り気付き、翌日寺までの沿道2キロ、境内を探し回ったが、前日風が強く何処かに転げてしまたのか見つけられなかった。これもプレゼントされたもので、歩き始めそうそう落としてしまい申し訳ない気持ちになった。仕方ないので、巡拝用品屋さんで御線香入れを購入した。お接待で線香を頂いた。

5.潜水橋

四国三郎吉野川に架かる潜水橋を通過した。幅3メートルの橋で四万十川の沈下橋よりも頑丈にできている様だ。四国の風土に触れ合えた気持ちになった。

6.歩き遍路は贅沢な旅

歩き遍路は、健康でなくては歩き続けられない。時間もかかる。通常1日25~30キロ歩き、40日~50日かかる。滞在費もかかる。資金に余裕がないと難しい。私の場合は、ゆっくりスケッチして回るので100日間かかるけど、今まで働いた分、贅沢な旅もさせて貰うことにした。